メインイメージ

FXの口座開設にかかる時間


FXは口座開設にはどれ位の日数がかかるのか、気にしている方々も多いそうです。ある初心者の方も、ちょっとこの日数がどれ位かかるのかが気になっているのだそうです。
その方としては、FXの口座開設はちょっと時間がかかるのかもしれないというイメージをお持ちなのだそうです。そしてもしもう時間がかかるそうでしたら、口座開設が完了するまでにちょっと勉強しておこうか等と考えているようです。
勉強はさておき、果たしてFX予想は日数がかかるものなのでしょうか。
これがちょっと気になっている方々は多いだろうと思います。確かに、FXの口座開設は正直待ち遠しいとも思います。
結論から申し上げますと、やはりどの会社で口座開設をするかに左右されます。
早い会社は正直非常に速いのです。海外のFX会社などは、最短5分で取引ができるというところもあるのです。日本のデモ取引と同じ位早いのかなと思いますが。
しかし時間がかかるところはもっと時間がかかります。私が記憶している限りでは、インターネットで申し込みをすれば大体10日前後かかるFX会社も存在します。
ちなみにそれはインターネットで申し込みをした場合であり、資料請求で申し込みをした場合はさらに時間がかかるかと思います。
ただ早いところは本当に速いので、やはり会社によって色々と差があるのは事実だと思います。それを説明するためには、やはり口座開設の流れをちょっとを説明しておく必要があると思います。

FX会社の選別に関する注意事項


まず口座開設の入り口の段階は、もちろんFX会社の選別です。そして、FX会社のホームページに、口座開設というボタンをクリックします。
クリックしたら色々と個人データを入力し、身分証明書をFX会社に送付する事となります。FXでは身分証明書という表現は用いず、本人確認書類という表現をしているFX会社の方が多いですが。表現はともかく、書類を送った後は審査になります。そして審査で合格でしたら、FX会社からはパスワードが送られてきます。
ポイントになってくるのはやはりこのパスワードと思います。パスワードは郵送になるパターンと、メールになるパターンがあります。明らかにメールの方が早いのですが、それは日本のFX会社の場合は不可能のようです。色々と面倒な理由があって、日本のFX会社はメールではなく郵送にしなければならないのだそうです。
ですので日本のFX会社で口座開設をするのでしたら、正直ちょっと時間がかかります。
しかし例外もあります。例えば大和証券です。
大和証券の場合、各店舗にパソコンが設置されています。しかもそのパソコンで口座開設と総合口座の申し込みを一度にできるからです。
ですので大和証券でしたら、実質即日で口座開設ができるというシステムになっている訳です。ただその店舗まで足を運ぶ必要はありますが。
日本のFX会社で口座開設をする場合、大和証券あたりがスピーディーになっているイメージが私にはあります。しかし日本のFX会社でも翌営業日から取引ができるという会社もあります。ですので、それもやはり会社によって様々です。

Copyright© 2013 FX口座開設のスピードと利用まで All Rights Reserved.